ビットコインの保管方法、ウォレット|CloudTip

【重要】CloudTipサービス終了予定のお知らせ(2017年7月13日正午)

ビットコインを保有、管理するにはウォレットが必要

自分専用のビットコインアドレスを作成してビットコインの送金を受け付けたり、貯めたり、誰かに送金するためにはビットコイン対応のウォレット(財布)が必要になります。(メールアドレスとメールソフトの関係と同様)
また、1つのウォレットの中にビットコインアドレスを幾つも保有できます。
小銭入れ、札入れ、預金口座など、用途に応じてお金を管理・保管するように、ビットコインも保有数量が増えてくれば複数のウォレットを用途に応じて使い分けるのが良いでしょう。

Circle blue b3659bc58f2712b25e9150c9fa7d400c087dbdfca3fc83cc38f5083c3ee1a39dWebウォレット
ブラウザでWebサービスに接続して利用するウォレットです。複雑な設定を必要とせず、ログインすればいつでもパソコン、スマートフォンなどで簡単に利用できたり、様々なサービスと連携しやすい点が最大のメリットです。
代表的なものにBLOCKCHAIN.infoのウォレットなどがあります。
CloudTipのMy財布もWebウォレットの一つです。
Circle blue b3659bc58f2712b25e9150c9fa7d400c087dbdfca3fc83cc38f5083c3ee1a39dウォレットアプリ
パソコン用アプリと、スマートフォン用アプリがあり、アプリ内で秘密鍵やビットコインアドレスを生成してユーザー自身が管理する仕組みです。
スマートフォン用アプリは外出先でビットコインでの支払いをする時などに便利です。機器の故障、紛失、機種変更などに備えて、秘密鍵のバックアップ方法を確認しておきましょう。
日本語に対応している代表的なアプリは以下です。
Bitcoin Core(Win/Mac/Linux)
公式ソフトウェアです。ブロックチェーン上の取引データを全てダウンロードして保存するため、初回起動時のデータ同期に1日以上掛かったり、数十GBの空き容量が必要となりますので、気軽に利用したい人には向きません。
Electrum(Win/Mac/Linux)
日本語対応で人気の高いソフトウェアです。軽量なうえ多機能で便利ですが、初めての場合、初期設定に少し戸惑うかもしれません。下記ページの説明が親切で分かりやすいです。
⇒Electrum紹介ページ|jpbitcoin.com
breadwallet(iOS)
日本語対応で人気の高いiOSアプリです。ビットコインの支払・決済・送金などを外出先でも簡単に行なえます。
Bitcoin Wallet(Android)
日本語対応で人気の高いAndroidアプリです。ビットコインの支払・決済・送金などを外出先でも簡単に行なえます。
Circle blue b3659bc58f2712b25e9150c9fa7d400c087dbdfca3fc83cc38f5083c3ee1a39dハードウェアウォレット

パソコンにUSBなどで接続して利用する専用機器です。別途、購入費用が掛かったり初期設定が少し複雑だったりしますが、セキュリティ面に強みを持つため、多額のビットコインを安全に保管する場合に向いています。
TREZORLedger Walletなどの海外製品が中心となりますが、ビットコイン取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が、日本の正規代理店としてAmazonで販売を開始したことで、簡単に購入できるようになりました。

Arrow right 388eb6a6b06c564c0cbb6d70ea45c3d50d7ad29721e386a58e31c8a90f8eb6a7ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)
Arrow right 388eb6a6b06c564c0cbb6d70ea45c3d50d7ad29721e386a58e31c8a90f8eb6a7Ledger Nano (レジャー・ナノ)ビットコイン・ハードウェアウォレット【正規品】

Circle blue b3659bc58f2712b25e9150c9fa7d400c087dbdfca3fc83cc38f5083c3ee1a39dペーパーウォレット
文字通り、秘密鍵や対応するビットコインアドレスを紙に印刷して保管する方式です。インターネットから切り離されて安全である反面、そのままでは残高を利用できないため、主に長期保管やバックアップ用途で使われます。
CloudTipでも秘密鍵のバックアップ方式として採用しています。(⇒アドレス設定
残高を利用する場合は、QRコード形式の秘密鍵をスマートフォン用アプリで読み取り、残高を取り込む方法が最も簡単です。