仮想通貨 ブロックチェーンとは?その仕組みについて解説!

仮想通貨 ブロックチェーンとは?

 

 

ブロックチェーンとは、ビットコインの取引をすべて記録している台帳のようなものです。

この台帳を不特定多数のユーザーのコンピューターに分散させ、ユーザー同士で共有し管理しています。

取引をまとめたものがブロックごとに分かれ、チェーンのように繋がっているため、ブロックチェーン(分散型台帳技術)と呼びます。

 

ブロックチェーンの誕生

発端は、ビットコインの誕生です。

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトという人が論文

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」をインターネット上に投稿したことが始まりとされています。

ただ、この人物はいまだ正体が謎のままです。日本人かどうかもわかりません。

その後、この論文を元に開発されたシステムにより、2009年1月からビットコインの稼働が始まりました。

当時の価格は、1BTC(ビットコイン)が0.09円でした。

 

ブロックチェーンの管理者は?

銀行だと、中央サーバーで顧客台帳を管理しています。

その為、このサーバーが何者かに侵入されない為に、強固なセキュリティを施しています。

ブロックチェーンのシステムでは、不特定多数のユーザー同士で分散して管理しています。

例えば、ユーザーのビットコ誰かが、ビットコインを不正に手に入れようとしてデータを改ざんしたとします。

すると、他のユーザーとデータを照合すると一致しないため、改ざんをしたことがすぐにわかってしまうのです。

 

ブロックチェーンのメリット

銀行では、中央サーバーでデータを管理をしているため、セキュリティに多額のコストをかけています。

その結果、振込手数料、ATM利用料などに影響しています。

それに対し、ブロックチェーンでは、不特定多数のユーザーとネットワークで繋がり分散して管理しているため、コストをかけずに不正ができないようにしています。

その結果、取引手数料を安くできるというわけです。

 

まとめ

ブロックチェーンの技術が誕生して10年が経ちました。この技術はメガバンクも採用し始めており、世の中に認められてきています。

今後のブロックチェーンのシステムに注目していきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ