LINEが仮想通貨取引所【BITBOX】開設へ

 

人気メッセージアプリLINEが、開催中の事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2018」の中で、仮想通貨交換所事業「BITBOX(ビットボックス)」を設立すると発表しました。

サービスを提供するのは、LINE傘下のLINE Tech Plus(拠点:シンガポール)です。

 

BITBOXの取り扱い仮想通貨は?

BITBOXは、仮想通貨のみの取引をするサービスで、法定通貨で仮想通貨を売買できないようです。

取り扱う仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインほか30種類の予定です。

取り扱い仮想通貨については随時追加されるようです。

 

BITBOXのサービス開始時期は?

2018年7月中のサービス開始を予定しており、オープン記念キャンペーンとして、オープンから1カ月間、BITBOX新規ユーザーを対象に取引手数料無料キャンペーンを予定しているようです。

 

BITBOXは日本とアメリカは対象外

日本とアメリカに住んでいる人は残念ながら利用できません。

対象外の利用者の判別は、IPアドレス電話番号KYC(身元確認)から判別するようです。

対応言語は15種類ですが、日本は対象外のため、もちろん日本語はありません。

日本は、Lineのユーザー数が多いにもかかわらず、なぜ参入しないのか。

その理由としては、

  • 金融庁に認可されるハードルが高すぎる
  • 取り扱う仮想通貨が限定的になる
  • サービス開始に至るまで時間がかかる

とも見られているようです。

 

LINEの仮想通貨への取り組み

2018年1月に「LINE Financial」を設立

仮想通貨交換所や取引所、ローン、保険などの様々な金融関係のサービスを提供する。

ブロックチェーンの技術研究を積極的に進めていき、LINEのアプリ上で安心安全に使える金融サービスを提供することを目指す。

2018年4月に「LINE Blockchain Lab」を設立

ブロックチェーン基盤技術や応用サービスの研究・開発を行う専門組織で、ユーザー参加型の新しいサービスモデル構築をを目指す。

 

BITBOXの今後は?

今後のことはわかりませんが、金融庁の認可が下り、日本で仮想通貨取引所として営業をスタートさせるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ