ビットコインを管理するウォレットとは?

仮想通貨を管理する「ウォレット」とは?

 

私たちがお金(法定通貨)を管理する場合、銀行に預けたり、財布で保管したりします。

お金を下ろす時に、通帳や暗証番号が必要です。

もし、通帳を忘れたり、暗証番号がわからなくなるとお金を下ろすことができません。

これと同様、仮想通貨にも銀行や財布にあたるものがあります。

仮想通貨では、財布のことをウォレットといいます。

このウォレットには、仮想通貨アドレス、公開鍵、秘密鍵の3つが入っています。

これらはそれぞれ、

  • 通帳=仮想通貨アドレス
  • 身分証明書=公開鍵
  • 暗証番号=秘密鍵

のような役割をしています。

 

ビットコインのウォレットのしくみ

取引所でビットコインを購入した場合、ビットコインは、取引所内にあるビットコイン用のウォレットで管理されています。

ウォレットの中には、正確にはビットコインが入っているわけではなく、秘密鍵が入っています。

この秘密鍵は、取引所で厳重に管理しているため、ユーザー側も見ることができなくなっています。

ビットコインの送金と受け取りには公開鍵とビットコイン用アドレスが必要になります。

他の人から送金してもらう場合などに利用します。

 

ビットコインを取引所のウォレットに預けておく危険性

ビットコインの資産が増えてきた場合、そのまま取引所に預けておくのは残念ながら安全ではありません。

まだ記憶に新しいと思いますが、2018年1月下旬にコインチェック社のハッキングの被害にあいました。

この時、560億円の仮想通貨ネム(XEM)が盗まれました。

ネム(XEM)のユーザーの多くはコインチェック社のウォレットに預けっぱなしだったようです。

この件では、コインチェック社が個人投資家へネム(XEM)を返しましたが、通常はハッキングで

盗まれたら戻ってこないと思った方がいいでしょう。

自分の資産を守るため、仮想通貨の保管はネットワークから切り離した環境での保管が重要になります。

 

ビットコインを管理するウォレットの種類

ビットコインをはじめ仮想通貨を管理するウォレットには

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

の2種類があります。

ホットウォレットを財布、コールドウォレットを金庫とイメージするとわかりやすいと思います。

 

ホットウォレットは、常時または一時的にインターネットに接続しているウォレットです。

仮想通貨の取引がすぐに行えるので便利ですが、ハッキングされた場合、資産を失う可能性があります。

 

ホットウォレットの種類

  • ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、ブラウザ上で秘密鍵を保管するサービスを利用する方法です。

パソコンややスマートフォンから簡単にアクセスできますになるため、利便性は高くなります。

ただ、取引所のウォレットと同じ扱いなるため、セキュリティ面での不安があります。

 

  • モバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマートフォンにモバイルアプリを導入して使用します。

スマートフォンでの管理なので、持ち運びができ、取引もすぐでき便利です。

ただ、スマートフォンが盗まれたり、紛失などで「秘密鍵」が盗まれる可能性があります。

 

コールドウォレットとは、インターネットから切り離して管理するウォレットです。

取引ごとにインターネットに接続する手間がかかりますが、ハッキングの被害が防げます。

自分の資産をを守るためには、ハッキングされることがないコールドウォレットで保管をしましょう。

 

コールドウォレットの種類

  • デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンに専用のアプリを導入して保管します。

オフラインで使用すると、ハッキングの被害も防げます。

ただ、パソコンがウィルス感染したり、故障すると仮想通貨が取り出せないことがあります。

デスクトップウォレットでビットコインを管理するなら定番がこちら

↓  ↓  

Electrum

作者:Thomas Voegtlin 価格:無料

 

  • ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、ネットワークから完全に切り離して保管をする方法です。

安全性は高いですが、初心者には導入のハードルが高く、購入に1万~2万円程度かかります。

ちなみに、ウォレットには対応している通貨と対応していない通貨があります。

一つのウォレットで自分が持っている仮想通貨をすべて保管はできません。

ハードウェアウォレットの中で、対応している仮想通貨が多いのが

「Ladger Nano S」です。

↓ ↓ ↓

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

 

  • ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、秘密鍵を紙に印刷をして保管する方法です。

ハッキングの可能性はなくなりますが、紙を紛失したり、QRコードがかすれて読み取れなくなる可能性があります。

 

まとめ

仮想通貨初心者向けには、デスクトップウォレットが管理しやすいと思います。

ただし、パソコンが故障した際や、ウィルス感染の対策をしっかりとする必要があります。

仮想通貨に慣れ、資産が増えてきたら、安全性の最も高いハードウェアウォレットで管理をすることをお勧めします。

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ