アルトコインとは?ビットコインとの違いについて解説!

ビットコインとアルトコインの違いについて

 

アルトコインとは

アルトコインは、ビットコインをもとに開発された仮想通貨です。

「Alternative Coin」(代替通貨)の略称で、ビットコインの代わりとなる暗号通貨のことです。

アルトコインは世界中で1000種類以上も流通していますが、その価格は数万円するものから、ほとんど価値のないものまで価格にバラツキがあります。

まだ発展途上の段階で、評価が定まっていないので、これから大きく成長する可能性も秘めています。

 

アルトコインとビットコインの違い

ビットコインの仕組みを元に、ビットコインの欠点を解消しているいるのがアルトコインです。

また、ビットコインは主な用途として決済や送金になりますが、アルトコインは決済以外での利用が目的となります。

主なアルトコインとして、イーサリアムやリップルなどがあります。

 

将来性のあるアルトコインを見分けるには

2017年12月にビットコインは200万円を超える価格になり、同時にアルトコインも高騰しました。

イーサリアムは、2017年の1年間で100倍に、リップルは500倍になりました。

このように、アルトコインは、短期間で一気に価格が上がることもありますが、一方で価格が下がる可能性もあります。

将来性のあるアルトコインを見分けるには、取引価格と一緒に時価総額、取引量をチェックすることが重要です。

こちらのサイトは、仮想通貨の時価総額や流動性などが一覧で見れて、わかりやすいのでおすすめです。

CoinGecko公式サイト

 

国内で取引できる主なアルトコイン

ビットコイン同様、アルトコインも国内の取引所で売買ができます。

主なアルトコインは、

  • イーサリアム
  • リップル
  • モナコイン
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ネム
  • リスク
  • イーサリアム・クラシック

などです。

 

アルトコインの海外での買い方

アルトコインは1000種類以上ありますが、国内の取引所で売買できるのは20種類程度です。

それ以外のアルトコインを売買をしたい場合は、海外の取引所を利用することになります。

海外の取引所の中で、世界最大級の取引所であるバイナンスは、100種類以上のアルトコインを取り扱っています。

ただし、日本円での取引ができないため、まずビットコインかイーサリアムを買い、バイナンスへ送ることになります。

⇒バイナンス公式サイトへ

 

海外でアルトコインを買うまでの流れ

1.国内の取引所でビットコインを買う

 これが資金になります。

 

2.海外の取引所でアカウントを作成する

 バイナンスの場合、サイト右上に日本語訳にできる機能があります。

 

 

3.海外の取引所にビットコインを送金する

 国内の取引所から買ったビットコイン(資金)を海外取引所に送ります。

 

4.海外の取引所でアルトコインを買う

 ビットコインの送金確認ができたら、海外の取引所でアルトコインを買います。

 

まとめ

アルトコインは、これから成長する可能性が大いにあります。

日々の動きをチェックしながら、自分のお気に入りのアルトコインを見つけ、成長を見届けていくのも楽しいかもしれませんね。

ただし、アルトコインは値動きも激しいため、取引量が少ないものは取引終了になる可能性があります。

投資にはリスクがあることを理解し、取引所をいくつか使い分けて運用するのがおすすめです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ