ビットフライヤーの入金方法

ビットフライヤーへの入金方法

ビットフライヤーの登録が完了したら、日本円を取引口座に入金することができます。

ビットフライヤーへの入金まで完了すると、ようやく仮想通貨の売買が可能になります。

入金方法について大きく二通りがあります。

銀行振込
・銀行ATM
・オンラインバンキング

即時入金
・銀行ATM
・オンラインバンキング
・クレジットカード払い
・コンビニ払い

手数料が安いのが銀行振込ですが、反映までに1日程度かかります。

余裕をもって振込をしましょう。

即時入金は24時間入金が可能なので便利ですが、手数料が高かったり取引所によっては、対応をしていなかったりします。即時入金をする場合はご確認ください。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

ビットフライヤーの入金までの流れ

ここでは、私が銀行振込でビットフライヤーの指定口座に500円を振込した手順で紹介します。

①ビットフライヤーの管理画面から、アカウントの本人確認がすべて終わっているか確認する。

 

 

これが済んでいないと、入金ができないのでお気をつけください。

 

 

 

②ビットフライヤーへ入金する銀行口座を確認する

確認方法

ビットフライヤーの管理画面の左側にある入出金をクリック。

日本円の入金をクリック。

 ※銀行口座から振込をする場合は、日本円の入金を選びます。

お客様用日本円振込先から振込する銀行をクリックして口座を確認しておく。

 

③ビットフライヤーの入金口座に日本円を振り込む。

アカウント作成時に登録した銀行口座から振り込むことになります。

 

④取引口座へ振り込み完了。

通常、1日程度で取引口座へ入金されます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

銀行振込の入金手数料

仮想通貨の取引所に日本円を入金する際、各金融機関所定の振込手数料がかかります。

入金額によっても振込手数料が変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

仮想通貨取引には住信SBIネット銀行が便利です。

SBIネット銀行のメリット
  • 国内の大手取引所と連携している。
  • 24時間365日対応している。
  • 取引所への入金反映が速い

 

ビットフライヤーに入金後、取引口座を確認しよう

ビットフライヤーの入金まで済むと、取引口座には、

日本円を入金する口座

仮想通貨を保管するウォレット(ネット上の財布)

が用意されます。

このウォレットは、1種類の仮想通貨しか保管できないので、仮想通貨の種類ごとに専用のウォレットが作られます。

そして、各ウォレットには、個別アドレスが割り当てられています。

銀行でいえば、口座番号にあたります。

例えば、他の人からビットコインを送金してもらう場合は、自分のビットコインアドレスを教えることで送金や受け取りができます。

日本円の入金まで済んだら、自分のアドレスを見てみましょう。

アドレスを見るには、ビットフライヤー管理画面の入出金→BTCお預入で表示されます。

 

 

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ